SCROLL DOWN

ファクタリング(Factoring)とは金融サービスの一種で、企業から売掛債権を買い取ってその管理と回収を行います。売掛債権は企業の営業活動による売上代金のうち、まだ企業側が受け取れていない代金を請求できる権利のことです。

企業が商品やサービスを販売した時、直接的に商品と金銭をやり取りする現金取引でない場合には、企業側にすぐ売上代金分のお金は入りません。特に企業間で現金取引を行うことは極めて稀で、多くは信用取引と呼ばれるかたちがとられます。現金取引を行わない理由は、双方に手間やコストがかかるためです。

信用取引の方法には、売掛金と受取手形の2種類が存在します。売掛金は、掛取引(後払い制)の販売で生じた売上代金を受け取る権利(債権)のことです。このような債権を総じて売上債権と言いますが、手形保有時は受取手形、保有していないなら売掛金と呼ばれます。

サラリーマンのシルエット

企業がファクタリングを行うメリットは、大きく分けて2つあります。1つは売掛先(掛取引で後々支払う側)が支払えなくなっても売掛金を回収できること、もう1つのメリットは未回収の売掛金を早期に買い取れることです。ファクタリングには保険型と買取型があり、前者は保険型、後者は買取型のメリットになります。

保険型は売掛債権に保険をかける方法で、倒産などで売掛先が支払えなくなった時にファクタリング会社が売掛金分を保証金として支払います。買取型では売掛金をファクタリング会社に売却し、手数料を差し引いた分を受け取ることができます。融資と違い、担保や提供は必要ありません。売掛先(掛取引で後々支払う側)の信用性が重要になります。

保険型は資金調達ではなく、信用性の不安がある会社との取引を行う際に貸し倒れリスクを回避する目的で利用されます。相手方が倒産などで売掛金回収が行えなくなった場合に、ファクタリング会社が保証金を支払います。ファクタリング会社が支払いのリスクを負うことになるため、売掛先の信用性により保証金は変動します。

信用取引や掛取引では後払いになりますが、そこには相手方が後々ちゃんと支払ってくれない可能性も存在します。また、取引先が企業の場合には支払いがないままその会社が無くなることもあります。商品やサービスを提供したのにその分の代金が入ってこない状況は、企業側としては赤字や不利益に繋がります。そういったリスク回避のために、ファクタリングサービスが利用されているのです。利用を検討している場合は、ファクタリングの注意点について理解を深めておきましょう。