ファクタリング会社選びには要注意!悪徳会社の特徴

悪徳業者に騙されて印鑑を押しているイメージ

ファクタリング業は法的な面で参入障壁が低いため、悪徳業者が多いと言われています。その多くはいわゆる闇金ですが、悪質な会社に関わると金銭・精神・社会的な面でロクなことがありません。特に金銭面での負担は理不尽に大きくなり、売掛金の未回収を防いで収入に繋げるどころか逆に出費が多くなり、維持も回復も不可能なレベルに達する可能性があります。そのため、参入障害が低いファクタリング業のサービスを利用する時には会社選びが重要なのです。

悪徳業者および闇金の特徴はいくつかありますが、甘い勧誘・手数料の積み増し・半額以下の入金額・ジャンプのループ・脅しなどが一般的な特徴として挙げられます。利用する前に分かる部分は勧誘で、通常(正規会社)よりも利用者にメリットがあるような甘い売り文句を掲げています。たとえば、通常の手数料相場が10~20%であるのに対し、悪徳業者は5%前後を表示しているところが多いです。

広告では5%前後でも結局20~30%の手数料になりますが、さらに売掛先の信用問題・初回利用・即日振込などそれらしい理由を並べて手数料を積み増しする悪徳業者も存在します。また、審査は名目上存在しますが、正規会社のようにデータバンクなどを利用した売掛先の財務状況確認は行いません。悪徳業者は契約者からお金を搾取することが目的のため、売掛先の状況などどうでも良いのです。

入金額については、半額以下になることが多いと言われています。契約を進める中で手付金や保証料などを請求し、正しい振込金額から相殺されます。つまり、売掛金を半分前後も悪徳業者に取られてしまうということです。正規会社であれば実際の売掛金額が振り込まれるため、悪徳業者では利用者が完全に不利益な状況および立場に立たされます。

ジャンプのループというのは、今月分は来月分と一緒に支払えば良いとする代わりに月々の手数料を増加させる(ジャンプ)が繰り返される事態を指します。ファクタリング利用時は売掛金に関する契約料を支払うことになりますが、分割を選択すると分割手数料が発生します。月々の手数料は闇金における借り入れのように搾取しやすいシステムのため、悪徳業者は分割を積極的に進めてきます。しかも悪徳業者の手数料はジャンプの状況を生じさせるために割高で、40万円を10万円ずつ4ヵ月払いでも毎月5万円の手数料を搾取されることもあるそうです。

闇金と言えば脅し・脅迫・恐喝のイメージですが、ファクタリング業を名乗るところでも支払いが滞るとこのようなことが起こります。脅し文句には、取引先に対する通知や保証人または周囲への追及について示すケースが多いです。通常ファクタリングで保証人は立てませんが、悪徳業者では家族などを保証人にさせて逃げ道を塞ごうとします。はじめはある程度丁寧あるいは普通に接してくるため、店側の態度よりも契約内容に目を向けた方が見極められます。