ファクタリング会社に返せない状況になるとどうなる?

お金マークとクレジットカードマーク

ファクタリングは売掛債権を買い取ってくれる存在であり、売掛金回収は契約者が行います。売掛先が契約者に対して売上代金を支払う日になったら、契約者は売掛金回収を行いますが、その分は回収分を早期に融資してくれたファクタリング会社に返すことになります。

契約者が返済義務のある借り入れを行うわけではないため、本来は何かを返せないという支払い問題は発生しません。しかし、ファクタリング会社から早期に受け取った売掛金分の融資はただ貰えるものではなく、あくまで売掛先の支払日よりも前に当てがったものです。そのため、期日が来たらファクタリング会社に売掛先から回収した分を融資分を返すという形で支払わなければいけません。融資分を返すためには売掛先から売掛金を回収する必要がありますが、この際に売掛先の都合で売掛金を払うことができない場合もあります。

契約者は売掛金が回収できないと、ファクタリング会社に融資分を返せない状況に陥ります。資金が十分であればそちらで補うこともできますが、資金調達の方法としてファクタリングを利用している場合はそのゆとりもないケースが多いのです。このようになるとファクタリング会社に返すべき分を返せない状況になってしまいますが、現実として売掛先の都合で回収できなかった事例は少なくないと言われています。そのため、返す支払いに関しては先延ばしが可能です。事情を説明すれば多少の遅延は可能で、最大1ヶ月までなら相談できます。

分割払いなら返せるかもしれないと考える方もいますが、このサービスには原則として分割払いはありません。なぜなら売掛金回収で得た分をそのまま返せば良いだけなので、そもそも分割の必要がないのです。また、分割払いになると実質貸金とみなされる可能性があり、法的にもややこしくなります。悪徳業者は搾取目的で分割を勧めがちなため、提案があったら注意しましょう。

ファクタリングで返せない事態が発生した場合の対処法には、キャッシュフロー改善とビジネスローン借入の検討があります。キャッシュフロー改善の方法は4種類あり、支払日を可能な限り遅くする・売掛金回収を早める・キャッシュ流入を増やす・流出を減らす中から状況に合った方法を試しましょう。

支払日を遅くする方法では、1〜2ヶ月程先伸ばせる法人キャッシュカードで支払ったり、取引先に先延ばし相談や締切変更を交渉します。回収を早める方法はファクタリングしていない売掛金にのみ有効で、完全な一括後払いではなく前受金を入れてもらう・常時入金に遅れがある先には地道な催促・現金払いに優遇条件を付けるなどが行われます。ビジネスローンは今後の銀行取引など融資に影響が出る点は注意すべきですが、スピード融資が可能なため資金調達における即効性に優れています。銀行以外なら比較的審査も柔軟で、金利は高めですが分割もできます。