ファクタリングサービスの「償還請求権(リコース)」の規約は要チェック

サーチの文字と虫眼鏡

償還請求書は、償還請求権について記述された書類のことです。一般的にはリコースとも呼ばれる償還請求権は、手形や小切手の支払いがない・支払いの見込みがない時に振出人・裏書人・保証人などに支払い請求が行える権利のことを言います。振出人は手形や小切手を発行する者、裏書人は証券を譲渡するために証券に裏書きした者を指します。

ファクタリングでは契約内容の1つとして、リコースとノンリコースが存在します。リコース契約では、売掛先から支払いがない場合に売掛債権を売却した契約者の企業に支払い義務が発生します。売掛先から売掛金回収が行えない場合には契約者がファクタリング会社に融資分を返さなければならないため、売掛先の信用性と償還請求書のチェックには注意が必要です。

また、リコースファクタリングには債権譲渡特約や買戻し特約が存在します。これらは、売掛金支払いがない時に売掛債権を契約者が買い戻す特約です。売掛債権が融資の担保として扱われる理由は、この特約の影響とされます。売掛先から回収できない時には、契約者は自身の負担を減らすために特約を利用することも検討しましょう。

ノンリコースは規約がないため、売掛金が支払いを行わない場合でも契約者がファクタリング会社に支払う義務は生じません。日本国内のファクタリング会社では、ノンリコースによるサービス提供が基本となっています。しかしファクタリング会社側にリスクがあるため、手数料が高めになります。

ファクタリング会社は万が一売掛先が支払えない状況になった場合に備え、事業を成り立たせられるくらいの手数料に設定しているのです。他のサービスと比べて金利相場が高いのはその理由があるためで、契約者にかかるリコースの負担を考えれば高めの手数料は比較的に軽いものと言えます。

また、手数料は売掛先の信用性で決まります。信用性が低い程、手数料は高く設定されます。信用性の低い売掛金では、リコースだと契約者が負担を負う可能性が生じ、規約がない場合でも手数料が割高設定になる可能性が高くなります。企業同士の取引では、相手の資金状況に注意した方が良いでしょう。この融資の手数料は利息として扱われるので利息制限法により規約なしの契約よりも低い設定になりますが、融資のため審査は厳しくなります。また、規約のあり・なしで会計処理も異なるため、扱い方には注意が必要です。それぞれの内容をちゃんとチェックしましょう。