ファクタリングを利用していると融資が受けずらくなる?

1円を取り囲んでいるサラリーマンの人形

ファクタリングサービスの利用に際しては、取引先との関係における信用性に影響が出ることはあります。特に取引先への通知がある3社間では互いに同じ程度の信用性を置いていないのかもしれないという懸念から不信感を生じさせることもありますが、銀行との金融取引における信用性に影響を与えるサービスではありません。しかしシステム上、融資の審査に影響を与えるイメージを持たれがちな傾向はあります。ではなぜ今後の融資や銀行との間で生じる信用性に影響がないのかと言いますと、ファクタリングは借り入れではないためです。

金融関連取引の中で、銀行の融資に影響するのは借入金として計上されるものです。ファクタリングは借入ではないため、決算書に借入金で計上されることはありません。サービスの内容としては売掛債権を譲渡するだけで借りることはないため、賃貸対照表(BS)にいわゆる汚れがつくことはありません。

このサービスは早期に売掛金を得ることができるため、資金調達方法の1つに選ばれることがあります。資金調達の方法にはビジネスローンや商工ローンといったものもありますが、これは借入になるため借入金の名目で計上されることになります。つまり、今後行われる銀行との取引には影響が出ます。審査の段階で落ちる可能性が高くなるため、ファクタリングは今後の銀行取引に影響しない資金調達方法の1つとして注目されています。

注意したい点としては1つ言えることは、ファクタリングの使い方です。金融に関する記録は残るため、利用の仕方に問題がある場合には今後の銀行取引における支障になる可能性があります。ファクタリング会社が提示する契約内容通りに利用し続けているなら、いずれの融資サービスでも悪影響が及ぶことはありません。信用性の低い売掛先との繋がりが多い場合には、他のファクタリング会社や銀行などから注意した方が良いリストに挙げられる可能性があるため、関わる取引先もよく考えた方が良いと言えます。

以上の内容からして、ファクタリングを利用することで今後の融資が受けずらくなることはありません。過去にファクタリングサービスの利用経験を持つ方が融資の審査になかなか通らない場合には、別の理由があると考えた方が良いでしょう。過去の借入状況やそのほかの金融取引に問題があると推測されるため、融資を受けたい時には現状だけでなく自身にある過去の金融取引情報を知ることも大事です。