ファクタリングは取引会社との信用問題を十分に考慮しよう

握手をするサラリーマン

ファクタリングには、2社間タイプと3社間タイプが存在します。2社間はファクタリング会社と契約者(売掛債権を売却した側・売掛先に保証をかけた側)の間でのみ行われる方法で、契約者に売掛金を払うべき取引先にはファクタリングサービスの利用が通知されません。契約者が持つ売掛債権を担保にしてファクタリング会社から融資を受けるかたちになるため、取引先に通知や債務者承諾は必要ないのです。

3社間では債権譲渡を伴う融資になるため、債務者への通知や承諾が必須となります。そのため、取引先には売掛金を受け取る側(取引先からして支払いを行う相手)がファクタリングサービスを利用したことが知らされます。取引先が通知を受けることで起こりえる注意点は、信用性が低下するリスクと法的文書作成の手間です。

信用性が低下する可能性が考えられる理由は、ファクタリングが売掛金支払いに関する保証になるためです。つまり、自分たちが売掛金を支払ってくれない可能性がある信用性の低い会社と思われているかもしれないという懸念を取引先が抱くこともあり、それにより相手から信用されていないと捉えられると気を悪くして今後の取引に支障が出る恐れがあるということです。

3社間では上記のような信用性リスクが大きいため、一般的には2社間の利用率が高いと言われています。審査に関しては3社間の方が比較的に緩い傾向にありますが、それは取引先と契約者状況や関係性を判断しやすいからです。3社間でも債権譲渡登記を行うことで通知や承諾が不要になるケースもありますが、譲受人が直接の受取人になるため、譲渡の件は事実上知られることになります。

また、二重譲渡にも気を付けましょう。これは1つの売掛四阿健を複数のファクタリング会社に売り渡し、それぞれから売掛金となる融資を受け取った後に姿をくらます方法です。2社間では売掛先に通知しないことから契約者自身も似ず湯になっていることに気づかないケースがあります。二重譲渡は法的に裁かれる行為であり、その多くは悪徳業者による犯行です。会社選びに注意しないと取引先からの信用性を大幅に失うことになり得ます。

しかし、稀にはじめから契約者自身が二重譲渡の目的で行動していることもあります。知らずにそうなっていた場合はある意味被害者の立場にもなりますが、故意的な犯罪行為の場合には信用問題において取り返しのつかない事態になります。資金調達の面で困っている時は悪い考えに引かれやすい時ですが、正しい方法で維持や回復を図るようにしてください。