ファクタリングとキャッシュフローの関係!

サラリーマンの手の上に乗っているお金のイラスト

キャッシュフローはお金の流れを意味し、キャッシュ(お金)の流入・流出についてを表します。ファクタリングはキャッシュフローを改善する方法の1つに挙げられていますが、その理由は早期に資金調達を行えることにあります、売上が好調でも手元資金が不足している場合はキャッシュフロー的に要注意な状況であり、黒字倒産が起こり得ると判断されます。

黒字倒産は、売上日と売上代金が入る日に違いがあると起こる可能性があります。つまり、後払い制の場合に起こる可能性が高いということです。売れた分が多くてもその分のお金が入ってくるのは1ヶ月後となると、1ヶ月後の支払日までは資金でやり繰りしなければいけません。

資金が十分にある会社であれば問題なく事業を回すことができますが、十分にない場合は倒産の危機に陥ります。しばらくは耐えることができても、このままでは資金に問題が生じるという場合も早めに手を打たなければいけません。特に現代はカード払いの主流化により後払い制の利用者が多いため、注意しなければなりません。

ファクタリングは掛取引の際に売掛金分を早期に得ることができるサービスのため、そういった売上代金が入ってくるまでの資金繰りに役立ち、黒字倒産のリスクを低減させることができるのです。ファクタリングは借り入れと違って返済ではなく、売掛先から得た分をそのまま返すかたちでファクタリング会社に支払えば良いため流入・流出の大きな変動がなく、キャッシュフロー的にも良好です。

資金調達方法にはキャッシング系もありますが、キャッシングは借り入れのため返済が生じ、それにあたり金利が発生します。つまり、実質的に借りた分よりも多い流出になってしまうのです。

一方のファクタリングはその会社が売掛金分の額を売掛先よりも早期に支払うことで、契約者のもとに早く売掛金が入るようにするシステムです。借り入れではないので早期振込分を返すことに金利は発生せず、売掛先から回収した分をそのまま返すだけで終わります。しかもキャッシング系と違い、今後の融資に影響しないという点も大きな利点です。ファクタリングによる資金調達は赤字や倒産リスクに繋がらないとして、キャッシュフロー改善の話ではよく取り上げられます。もちろん場合によってはキャッシングの方が向いていることもあるため、キャッシュフロー改善を図るべき時には会社の状況とサービス内容を合わせてよく検討することが大事です。